とろーりチーズとハムのトーストサンド、初登場!~サンドウィッチハウス パセリ~青山台 

今回の新作は、同店はじめてのトーストサンド(クロックムッシュ)

大阪で人気を博した自身の店だけでなく、いろいろなパン屋で働いてきた店主の矢田部さん。
今回は、同店はじめての常温販売で、
とろーりチーズとハムのトーストサンド」300円。

ゴーダチーズやハム、同店のオリジナルポテトサラダをはさみ、トーストしたもの。
オリジナルポテトサラダは、グラタンとしてもおいしくいただける逸品、これまでのサンドウィッチでも他店と一味違う味わいで一度食べたらとりこになる人も多かったが、グリルすることで、また違ったおいしさが味わえるという。
「焼いた時の風合いは、ぜひ紹介したかった味ですが、今回それが実現しました」と矢田部さん。

人気のフルーツサンド、7月末で販売終了!

●旬の味をお届けするということで、人気の一品だが、7月で終了とのこと。
昨年9月のオープン以来、こだわりの味を追い続けて、新メニューを次々発売してきた矢田部さん。
春を感じてもらいたいと、春季限定で2月20日に発売した、「フルーツクリームサンド」が、一味違った大人のフルーツサンドとして人気が徐々に上がり、完売が続いていたという。
終了後も続けてほしいという声が多く、5月22日(土)用から再販売。
フルーツカスタードクリームを上品な味にグレードアップ、
清見オレンジも増量して、満足の340円。


☆清見オレンジ&甘夏みかん
2種類のフルーツと、甘さ控えめのカスタードクリーム

サンドウィッチだけでなく、店主こだわりのスイーツを販売。

「からだに優しい食を」、という想いから、矢田部さんが厳選したお取り寄せスイーツを、店内一角で販売中。

他では味わえないテイストの商品がつぎつぎ登場!

タマゴ・ハム・照り焼きチキンサンドなど、名前はよく知られているものでも、一味違ったサンドウィッチが売りの同店、
矢田部さんのこだわりはすごく、本人も失笑してしまうこともあるとか。
かける時間やコストを度外視した作業から生まれるサンドウィッチは、客にとってはうれしい限り。
コーヒーや紅茶などのソフトドリンクだけでなく、ビールやワイン、日本酒などのお酒にもマッチ、ちょっとおしゃれな食卓を演出できる。

ベリーのクリームチーズサンド

【Data】
垂水区青山台5-3-20 Mr.ジェームスビル1階
電話 078-786-3606
営業時間 9:00~16:00
定休日 日・月曜日(祝日不定休)
【連絡先】
hisayo508@gmail.com

(2021年4月現在)       (堀)

タイトルとURLをコピーしました