おもちゃ箱で広告をだしてみませんか?

ティータイムでみんなを笑顔に~アリエッティティースクール~塩屋北町

スポンサーリンク

ティータイム。といえば優雅、おしゃれ、贅沢…などちょっぴり日常から離れた形容詞が似合うと思うのは私だけ?
塩屋北町でアリエッティティースクールを主宰する宣子さんを訪ねた。

紅茶専門店の立ち上げを手伝うなど、もともと紅茶に興味があった宣子さん。子育てもひと段落して時間に余裕ができたのを期に本格的に紅茶の勉強を始め、1年かけてティーインストラクター(日本紅茶協会認定)を取得した。
「紅茶の歴史、産地によって違う茶葉の種類など、知れば知るほど紅茶の世界の奥の深さに魅せられた」
   
リビングには、紅茶の缶、ティーセットの雑貨、ティーカップなど紅茶に関するものがいっぱい。

カルチャーセンターなどで紅茶のレッスンを続けていたが、自宅のリビングのリフォーム後、6年前からアリエッティティースクールを開いている。

レッスンでは、紅茶のいれ方はもちろん、紅茶の飲み比べ、好みに合わせてブレンドをするなど、紅茶の魅力をたっぷり伝える。
教室に通うのは女性ばかり?と思いきや、
最高齢は80代の男性!「妻に紅茶を入れるのが日課」だとか。
レッスンのお楽しみは、なんといっても宣子さんのいれる紅茶と手作りスイーツ。

テーブルには四季折々の花や緑、入れたての紅茶と気の置けない仲間とのおしゃべりは、まさに至福の時間だ。

楽しかった。美味しかった~。というみんなの笑顔が宣子さんの何よりの楽しみだという。
 

三密にならないベランダでのティータイム。
「レッスン時間が終わっても話が尽きなくて‥(笑)」

「ティータイムを決して特別なことと思わず、日常のリフレッシュにうまく活かしいてほしい」


レモンシロップ、紅茶、オレンジジュース、炭酸を比重で4層にした宣子さんオリジナルのアレンジティ
「これまでに作ったレシピはすべてテイススティングノートに書き留めています」

教室名のArriettea(アリエッティ)は、「借りぐらしのアリエッティ」に出てくる小人のアリエッティ家族の小さなドールハウスでの素敵なティータイムのイメージから。
Arrietteaではこれからも、宣子さんのいれる紅茶を囲んでにぎやかなおしゃべりが聞こえてくるだろう。

~自宅で、レンタルルームで、気の合った仲間とのティータイムはいかが?~


「より気軽にティータイムを楽しんでほしい」
ということ想いから、出張ティータイムを始めた。
問い合わせは下記【Data】のメールアドレスへ

《いつもの紅茶がぐんと美味しくなる!紅茶豆知識》
・必ずグラグラと沸騰したお湯を使う。

「ジャンピングが見えるでしょ」

・茶葉をきちんと測る

あると便利!
ティーポット、ティーメジャー、砂時計

・紅茶は開封後、半年が賞味期限。(においを吸収しやすいので常温保存)

【Data】
アリエッティティースクール詳細は
noriko-tea@i.softbank.jp 又は
noriko.tea7@gmail.com  まで

(2020年7月現在)               (大道)

タイトルとURLをコピーしました