おもちゃ箱で広告をだしてみませんか?

書道や絵が苦手な人でも楽しく!! あっという間に芸術家~己書(おのれしょ)教室~陸ノ町

スポンサーリンク

字が上手に書けない、
絵が下手で、描くのが苦手、
案外そういう人は多い。
仕方ないから、パソコンのお世話に・・・と大半があきらめモード。
でも実は、手書きのちょっと洒落た賀状や、挨拶状を書いてみたいと、あこがれている人も多いはず。

「己書(おのれしょ) 満月華(みつか)道場」。
その名のとおり、「自分だけの書」が書けるようになる教室発見。
 
道具は筆ペンのみ。
スタンダードの黒を基本に、薄墨色やカラー筆ペンなどを使う。
講師の城野みつかさんは、
「私も、実は字を書いたり、絵を描くのが苦手でした」。
ある時、知人がSNSに投稿した「己書」を見て、ひとめぼれ、さっそくその門をたたいた。
体験参加で、案外簡単にステキな作品ができることに感激、熱心に参加するうちに、
「字や絵が苦手な人に、もっと広めたい」と、師範を目指すように。
現在は、いくつかの道場を開いている。

己書は簡単なコツがあり、それを師範から教えてもらうことから始めるが、絶対のルールはなく、書き方や文字の書き順にもとらわれずに、思うまま自由に書くのが基本とのこと。
「描く書、読める絵」ともいえる作品に仕上がる。

また参加費が月謝や会費制ではなく、参加する時々にその日の幸座(講座)料を納めるというのも、自由で参加しやすい。

1幸座は90分。
毎回、講師から「お題」が出され、それに沿って進めていく。
この日は、来年の干支も入った、年賀状。
講師の「お題」を参考に、みな筆を進めていく。

参加者の筆先から、次々とぬくもりを感じる独特の字や絵が生まれ出て、
「なかなかいい感じ!」
「ここはもう少し太い方がいいかな?」
通常の書道と違って、二度書き、なぞるのもOK。

ハガキ4枚分のこんな大作も

己書で書くと、どれもステキな作品に仕上がるので、絵や書のコンプレックスもいつの間にか忘れて、書くのがとても楽しく、好きになること請け合い。
【Data】
「己書 満月華道場」
垂水区陸ノ町1-17「かくれ家」2階
第2、第4水曜日15:00~16:30
初回(体験)  90分1500円。
通常      90分2000円。
問い合わせ 090-6474-5628
       城野(しろの)みつか
(2019年11月現在)     (堀)

タイトルとURLをコピーしました