おもちゃ箱で広告をだしてみませんか?

楽しい!がいっぱい詰まった「かくれ家」~編みぐるみ作家ピンクのビリケンさん~陸ノ町

スポンサーリンク

JR垂水駅東口を北へ、八幡通り「さかぐち」の南の細道を入ったところにある、「かくれ家」。

聞いていても、本当にこの道でいいの?と思うような通路を抜けた先、左側にドアが。
こわごわ開けると、そこは色とりどりの明るい部屋。
 
この「かくれ家」の主は、ピンクのビリケンさん。
もともと編み物が大好きで、セーターや帽子などを編んだり、
編み物を人に教えたり、また愛犬の服も作っていた。
編み物教室を開くにあたって、作業場として借りた家の2階を、貸しスペースとして開放、やがて口コミで借り手が次々に見つかり、現在ではアロマ教室、占い、コスメレッスンなど、さまざまな教室やイベントが行われている。

数年前に愛犬を亡くし失意に沈んだ時期もあったが、通っていた動物病院から販売用の犬の洋服の依頼が来たり、マスコットの編みぐるみを作り始めたことから、イベントなどに出店もはじめ、新しい出会いもそこから広がった。
 

あみぐるみの洗濯ばさみは人気

「私はいつも1階で自分の手仕事をしているんだけど・・・」、とピンクのビリケンさん、
料理も好きで、火曜日と金曜日は、「千ベロ」の日として、17時からお惣菜5~7品を手作りして、1階を開放している(料理に缶ビールなら1本、チューハイは2杯付きで1000円)。
また、要予約でワンコインランチも(3人以上~)。

「私が疲れているときは編みぐるみの顔もとブサイクになるのよ」とにっこり。
でも編みぐるみの仕事はいつも丁寧、台所もピカピカで、優しい空気をまとった、ピンクのビリケンさん。その人柄が多くの人を惹きつけ、「かくれ家」とはいえ、多くの人が毎日、扉を開く。
【Data】
垂水区陸ノ町1-17
電話 078-778-4144
「かくれ家」ピンクのビリケンさん

タイトルとURLをコピーしました