垂水おもちゃ箱

「声で表現」、番組に命吹き込むナレーション ~竹房敦司さん~ 

calendar

reload

竹房さん2
映画、テレビ、ラジオなどのメディアで、映像に合わせて言葉をのせ、あるいは朗読、解説をする「声の表現者」、ナレーター。
今年11年目に入った読売テレビ「グッと!地球便」のナレーションを担当している竹房敦司さんは、現在その第一線で活躍中。
テレビやラジオの番組、コマーシャルのナレーション、映画やアニメ・ゲームなどの声優と、
幅広い経歴を持つが、自身は「声優であるより、ナレーターでいたい」と語る。
幼いころから、なぜか洋画やアニメなどの「声」に興味を持った。
その物まねや、違うキャラクターを演じていても声の主を言い当てるのが得意だった。
洋画の「日本語をしゃべるのが上手な外国人」が、実は声の吹き替え「アテレコ」だと知った時、
「大きくなったらそういう仕事をしたい」と強く思うように。
高校の放送部で基礎を学び、
3年生の時、放送コンテストの朗読大会で兵庫県の優勝者となり、全国大会へ。
その時NHKのアナウンサーから、
「技術も大切だが、たくさん勉強して、いろいろなことを知ることが大事」、
とアドバイスされたことがきっかけで、大学は社会学部を選んだ。
在学中、アマチュアの放送劇団に入り、そこで演出にも興味を持ち、
就職は広告代理店へ。
竹房さん3
だがやはり「声」の仕事がしたいと、その後芸能事務所の門をたたいた。
「あとはオーデションを受けながら仕事を増やしていきました」。
現在はフリーとして関西を中心に、日本全国さまざまな仕事を受けている。
「グッと、地球便」はスタッフが一丸となって丁寧な番組作りを心がけており、
「最後の家族からの手紙も、書いた人の気持ちになって読むか、もらった人側の気持ちで読むか」、
そこひとつでも、一味違ってくるという。
竹房さん4
「生まれも育ちも垂水、大好きな垂水に何か恩返しできれば」と、
最近は地域のイベントや朗読会、講演会など、進んで受けている。
「メディアの仕事が主ですが、観客の顔を見ることができるライブがいいですね」。
垂水の人は竹房さんの生の声を聴くことができるチャンス、多いかも。
       ((2017年6月現在)         (堀)
クリックお願いします

にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

folder 垂水おもちゃ箱サポーターボックス

more...

folder もぐもぐBOX

more...

folder ぺちゃくちゃBOX

more...

folder わくわくBOX

more...

folder てくてくBOX

more...

folder イベントBOX

more...

folder どきどきBOX

more...

folder きょろきょろBOX

more...

folder 写真館(歴代トップ写真)

more...

folder その他

more...