垂水おもちゃ箱

有栖川宮別邸は大阪に移築されたのでしょうか。~追記あり

calendar

先日、大学時代の友人の息子さんが陶芸の個展を開くということで、大阪の地下鉄谷町6丁目で待ち合わせをしました。
そこから会場まで、空堀商店街を歩いたのですが、豆腐屋だとか、鰹節屋、昆布屋、荒物屋などといった、
昔懐かしい店が多く残るなか、町屋風の古い店や住宅を利用して、
若い人たちのアート展や、それに準ずる手作り商品の店などが並び、とても風情がある街並みが続いていました。
空堀(からほり)というのは、太閤秀吉が大阪城を守るための堀を築いたという、そこからきた地名で、
その堀の石組みがまだ残っていて、よくテレビにも取り上げられていますが、
新旧がうまく融合しているという意味で、古い商店街の面影が上手く残っているところだと思います。
中でも「惣」「練」「萌」という名称で、年代物の建物を、
それぞれ個性的にショップや文化施設として展開しているのが、面白い。
わたしは「練」に入り、友人と展示商品を見て回り、
こういう使い方は、入場料を取って建物だけを見せるより、
多くの人が気軽に入れていいね、などと話しました。
 練1   練2
       (字が小さくて読めない方は、パソコンのCtrl ボタンを押しながら、
         マウスのホイール(真ん中にあるクリクリ回すところ)を回すと拡大できます)

その友人から、「あの『練』という建物は大正期に舞子から移築したものらしいよ」という連絡が来ました。
それ以上は友人はわからないということで、私が調べることにしました。
ある大学のまちづくり関係のゼミの報告が見つかり、
「舞子のさる宮家の別邸」と書かれている個所がありました。
さらに調べると、「大正時代に、舞子の有栖川宮の別邸を解体、
船で運んで大阪に移築した」、というものが見つかりました。
インターネットの検索なので、どこまでが真実かわからないし、
また事実のことだとしても、保存のための移築ではなく、
どこかの富豪が、自分のために購入したのなら、
そのまま建築せず、自分の好みにアレンジしたかもしれず、
そのあたりのことは、もっと調べないとわからないでしょうが、
ちょっと面白い話だと思いませんか。
私はまさかそんなかかわりがあるとは知らず、まちづくりの方ばかりを見ていました。
知っていたら、もっとちゃんと見てきたのに、それが残念です。
2012年12月に、国の登録有形文化財になったとあります。      
(2014年10月6日) (堀)
追記
大風呂敷を広げてすぐ、またたたむのもいかがかと思いますが…。
申し訳ありません。
有栖川邸は、昭和まで現在の舞子ビラのところに建っていたそうです。
大阪に移築されたものを、また「練」として移築したそうですが、
その「練」に関わった業者の方も、元が誰の所有だったかははっきり確定できないそうです。
ただ舞子にあったことだけは間違いないそうなので、また行く機会があったら覗いてみてください。
(2014年10月8日)
クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

folder 垂水おもちゃ箱サポーターボックス

more...

folder もぐもぐBOX

more...

folder ぺちゃくちゃBOX

more...

folder わくわくBOX

more...

folder てくてくBOX

more...

folder イベントBOX

more...

folder どきどきBOX

more...

folder きょろきょろBOX

more...

folder 写真館(歴代トップ写真)

more...

folder その他

more...