おもちゃ箱で広告をだしてみませんか?

神社オリジナルの御朱印はいかが? ~舞子六神社~ 西舞子

舞子がまだ山田村といわれていたころから、この地域の鎮守社として、多くの人々に親しまれてきた「舞子六神社」。
令和元年となった昨年の5月より、新しい時代を祝い、日本の心のよりどころである神社を、もっと知ってもらえるきっかけになればと、同神社では月替わりの「御朱印」を始めた。
これまでに2種類あったものに加え、

毎月時節に合わせて、鮮やかな色彩の絵と文字を組み合わせたもの、

8月の御朱印、見開き。

また、「お朔参り御朱印(和歌)」は月のはじめの1日(ついたち)のみ限定のもの、

また今年5月には、舞子六神社オリジナルの御朱印帳も登場、
舞子と、舞子六神社をイメージしたオシャレなデザインとなっている。

舞子浜が眼前に広がり、また同神社のさい銭箱が、昔からきれいな青で、それにあやかる「青色」を、基調に。
ご祭神が、伊邪那岐大神 伊邪那美大神 天照皇大神 素盞男大神 月夜見大神 蛭子大神の六柱であることから「六」にこだわり、青色も6種類を使用。
新しく同神社の「しるし」となったロゴを囲むのも六角形。
そしてそのロゴに中にも「六」が隠れている。

どこに「六」があるか、わかりますか?

月替わりの御朱印は、その月の間いつでも受けることができるが、月初めの土・日に集中することが多く、月の後半の方があまり待たずにすむそう。
1日限定は、数時間並ぶこともあり、時間に余裕を持って、とのこと。
受けることができる時間はその日によって違うので、行く直前に確認が必要(下記に記載)。
ブームの御朱印だが、始めたいと思っている方、まずは地元の神社からいかがですか。
すでに始めている人も、舞子がいっぱい詰まった御朱印、きっと御朱印帳が華やぐこと、請け合い。
【Data】
垂水区西舞子1-5-7
電話 078-781-5584
御朱印を受けることができる情報は、電話以外に
インスタグラム MAIKOROKUJINJA
フェイスブック(ストーリーズに掲載) https://www.facebook.com/maikorokujinjya/
(2020年9月現在)      (堀)

タイトルとURLをコピーしました