おもちゃ箱で広告をだしてみませんか?

TRANCE for hair(トランス)代表・粕谷英明さん

スポンサーリンク

黒服に身を包んでビシっと決まった姿はバーテンダー?ミュージシャン?

と思いきや、粕谷英明さんは、商大筋を北へ10分ほどにある美容室TRANCE FOR HAIRのオーナー。

 もともとモノ作りが好きで、勤め人になるよりもなにか手に職をつけたいと考えていた粕谷さん。幼い頃から美容師の母の姿をみていた影響もあり、美容師の世界へ。8年間一般の美容室に勤めたあと、2年間、美容師としての母と共に仕事をすることを選んだ。

「お客さんとの絶妙なやりとりを間近で見れたのが何より勉強になった」

 地元のおばちゃんやおばあちゃんが来て愚痴や世間話を気軽にできる、地域のに密着した店にしたい。と垂水に同店をオープンした。

   

赤と白で統一された店内。「ズバリ日本の国旗をイメージしてます(笑)」

 なぜ地元でもなく土地勘もない垂水に?

「色んな場所を探している中で、垂水は大都会ではなく、田舎でもないちょうどいい下町感覚が残っている雰囲気が気に入った」がー

最初はなかなか受け入れてもらえず、「よそもん」感を味わったそうだが、少しずつ人の輪が繋がり、広がり、気づけば17年。

 「お相撲の放送時間に間に合う?」「大丈夫!」予約に訪れた常連さんとのさりげない会話からも優しさが伝わる

 「店がこの街の景色になるまで続けていきたい」

10年計画を5年ずつに分け、自分の可能性に挑戦し続けている粕谷さん。始めたことを5年間はやると決め、近くの高齢者や障害者施設でのヘアカットを月1回続けている。「店での接客と全く違った対応に戸惑うことも多いが、髪を切った自分を見た利用者さんがふと見せる笑顔や女性らしいしぐさに出会えたとき、なんとも言えない喜びを感じる」予定の5年は過ぎたが、「まだまだ学ぶことがある」のでこの活動は当面は続けるそう。

新たな計画は「メディアに出ること」

テレビやラジオに出ることで「垂水にトランスありき」と言えるように少しずつ存在を知ってもらえいたい。

「美容室は髪を切るだけの場所ではなく、地域に根ざした情報提供の憩いの場でありたい」粕谷さんの思いが詰まったトランス。

美容師としてだけでなく、粕谷さんの人間的な魅力に惹かれて集まる人の輪が、さらに大きくなることに期待したい。

【Data】

TRANCE

垂水区仲田1-8-24アーバンヴィレッジ垂水フラッツ1F

電話:078ー708-7978

営業時間:10時~20時

定休日:毎週月曜、第1、3火曜

(2019年5月現在)             (大道)

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました