おもちゃ箱で広告をだしてみませんか?

絵を描くことがとにかく大好き!~中学生アーティスト・柳咲実さん~舞子台

emiさん1 
あどけない笑顔の中学1年の柳咲実(えみ)さんだが、ひとたび絵の話になると、目の輝きが増してくる。
2歳のころから絵を描き始め、紙と鉛筆があればどこででも「おえかきを」していた。
幼稚園では、友達にせがまれてテレビアニメのキャラクターを描くこともしばしば。
咲実さん同様に絵を描くことが好きな友達と庭の花をスケッチして遊んでいることも多かった。
「絵を描き始めると、他のことが見えなくなってしまう」と、お母さんは笑う。
emiさん6 
中学での部活動はもちろん、美術部。そして、美大を目指す中高生の通うアトリエに通い始めてもうすぐ1年になる。
アトリエで、デッサンの基礎を学び、「今まで我流で描いていた絵が幼稚に思える」としっかり自己分析。
emiさん5
「なんとなく頭に浮かんだものを描いているだけ」とさらりと話す口調はとても中学1年生には思えない。
明るくふわっとあたたかいタッチのイラストと色遣いは、咲実さんにしか出せない独特の世界観だ。
emiさん4  emiさん2
「絵を描いている時が何よりも楽しい」と話す咲実さん。
私学連合美術展2回入賞、MOA美術館神戸児童作品展入賞など、すでにその実力は評価されている。
彼女の作品を見ていると優しい気持ちになれる。
咲実さんワールドのファンがこれからどんどん増え続けることに期待したい。
emiさん3 
(2016年1月6日)                                     (大道)
クリックお願いします

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました