おもちゃ箱で広告をだしてみませんか?

「水辺・たるみ交流会」に出席しました。

垂水の地名は「垂れ水」=「滝」ということで、東垂水から塩屋へ続く道路の北側に、
水の滴りが絶えることがなかったことが、地名の由来になったといわれる。
現在でも、区内には五つの川が海に流れ込む。
特に塩屋谷川、福田川、山田川は、垂水区民の生活に密接に関わりを持つが、
普段の生活の中で「川」を意識することが少ないのが現状。
「川をきれいにしてみんなが親しめる場所にしたい」という思いから発足した、「福田川クリーンクラブ」(会長村上健一郎さん)。
同会が中心となって、2月7日(土)午後、レバンテ多目的ホールで「水辺・たるみ交流会」が開催された。
水辺02
近隣の、川や自然環境保全に関わる各団体や、それに共感する人たちが集まり、
講演会やパネルディスカッションで、それぞれの活動の交歓を行う同交流会は、
今回で7回目を迎える。
水辺11 水辺12
初めに、「自然と歴史を活かしたまちづくり」を、次世代につないでいこうという
活動を精力的に行っている尼崎市の「自然と文化の森協会」の
事務局長福本吉雄さんの講演で始まった。
水辺01  「自然と文化の森協会」福本さん。
休憩をはさんで、参加団体の、それぞれの取り組みの発表があり、
最後に質疑応答など、意見交換が行われた。
水辺04 「垂水すっきゃねん!クラブ」
水辺05 「塩屋まちづくり推進会」
水辺06 「Treasure Hunters in Tarumi(垂水親父連)」
 水辺07 「NPO法人豊かな森川海を育てる会」
水辺08 「北須磨団地自治会」
水辺09 「朝霧男盛会」
水辺10「 福田川クリーンクラブ」
閉会前の久元神戸市長のあいさつでは、福田川源流である落合池の
保全や環境改善に際して、これからの具体的な取り組みなども言及され、
皆の活動が、行政をも動かす力となっている結果が示された。
水辺13 久元神戸市長
「これらの活動をいかに次世代に続けていくか」と村上会長。
これからのそれぞれの活動・運営に、この交流会で得たものを活かし、
横の連携を誓って閉会となった。   
(2015年2月7日)      (堀)

クリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました