おもちゃ箱で広告をだしてみませんか?

「いらない」からではなく、「活かす」リサイクルの店~リサイクルブティック こふれ~天ノ下

スポンサーリンク

街のリサイクルショップでは、いらなくなったモノや服など大量に持ち込んで買ってもらったり、玉石交わる大量のリサイクルグッズの中から欲しいものを選ぶなど、「いらないもの」の中から「欲しいもの」が見つかれば、「掘り出し物」ゲット!の感覚。
最近では、フリーマーケットアプリや、インターネットオークションなど、スマートフォンひとつで簡単に売買できるサービスも人気上昇、個人経営のリサイクルショップは減少しつつある。

 
そんな中、天ノ下郵便局の北側、1階駐車場のマンション2階の一室にある「リサイクルブティック こふれ」は昨年20周年を迎えた。
宝石などを入れる小箱をフランス語で「コフレ(coffret)」ということから、オーナーが店名を「こふれ」に。
文字通り、選ばれた逸品が置かれているリサイクル店として、スタートした。

同店は買取は一切せず委託販売だけだが、他のリサイクルショップと違って、セレクトされた「確かなもの」だけを預かる。場合によっては、プロの目で判断して預からないものも。
預かり期間も1カ月に限定、一度に委託は5品までと決められている。

売れても、売れなくても、1か月後に精算、売価から35パーセントが店への販売手数料。
その後売れなかったものを再び出展するのも自由だが、期間中、状況に応じて値下げをしてくれるサービスも(値下げ不可の場合は契約時に申告)。

「間違いないものばかりなので、安心して選べる」
「いろいろあるので選ぶのが楽しい」と、常連客も多数。
客同士で自然と会話も生まれる。
中には、店を訪れていてたまたま意気投合、仲良くなった人も。
委託する人の中には人気のある人もいて、その人のものが入荷したときに連絡をしてほしいと願い出る人もいるという。

アクセサリーもリーズナブル

雑貨

バッグ類
「新品で買った時の三分の一、中古で1~2割が目安です」。
同店での売れ筋は、1000円~2000円くらいが一番多いそう。

「中には、びっくりするほどの掘り出し物も。手に取ってみたり、試着できるのが売りかな?
すそをあげたり、幅を詰めるなどリフォームもできますよ」。

今後は昔多かった、子供服などに力を入れていきたいそう。
「若いお母さんたちにも、おしゃれを気軽に楽しんでいただきたいですね」。
20年を迎えて、新しい出会いの場として、さまざまな世代に訪れてほしいそうだ。
【Data】
垂水区天ノ下町9-5-201
電話 078-707-7757
営業時間 10:30~15:30
定休日 日曜日・祝日
(2020年3月)   (堀)

タイトルとURLをコピーしました