神戸垂水おもちゃ箱

ようこそ垂水おもちゃ箱へ。垂水の情報を自分たちの目でみて聞いて伝えます

食べることが好き、人とのつながりが大好き~小さなアトリエお菓子教室acusu(あくしゅ)主宰山口クミさん~塩屋

calendar

reload

塩屋の住宅街を山の手に上っていくと、一軒家に小さな看板が

玄関を開けると、あま~い香りが広がる。

ここは、山口クミさんが主宰する小さなアトリエお菓子教室acusu
須磨で教室をしていたが、5年前実家のある垂水に移転。

レッスンは2~4人の少人数。
プロとしても通用する本格的な作り方を丁寧にわかりやすくレクチャー。

失敗しないコツやポイントを説明しながらまずはデモンストレーション

 

いよいよ、自分たちの作る番!
見ると作るのでは勝手が違う・・・

 
現在40名ほどが毎月通う。
教室を始めてからずっと通い続けている人も多く、県外から通う人もいるのだとか。
子供向けのお菓子教室では物足りないと大人に交じって通っていた小学生も今では高校生に。

和栗タルトの完成
栗の渋皮煮も山口さんのお手製

 
自分で作ったスイーツはお土産に。山口さんが仕上げたケーキでお待ちかねのティータイム。
「時間を気にせずにゆっくりお菓子作りに没頭できるこの時間がとても心地いい」
「買ったものより美味しいケーキが食べられるなんて本当に幸せ」
スイーツを前におしゃべりも弾む。みんなで悩みごとの相談に乗ることも。

「帰って何度も作る人、ここに来て作ることを楽しにみにしている人、人それぞれの関わり方があっていい。自分が作ってみたいと思ったときに舌や手の感覚がきっと覚えているはず。だからこそきちんとした作り方、本物の味を伝えたい」と山口さん。
今も恩師の上級クラスで腕を磨き「シェフの技に、毎回発見があり刺激をもらう」という。
オリジナルのレシピは100を超える。
「人と話すことが大好き。素材を活かし食べることの大切さを伝えることをこうして続けていられることが何より幸せ」
と山口さん。

「ケーキは毎日に食べるものではないからこそ、心から美味しい!と楽しんでほしい」
山口さんの美味しいお菓子とゆったり流れる心地よい空間を楽しみに通い続けるファンが多いのも納得できる。

【Data】
小さなアトリエお菓子教室acusu
問い合わせ:ayanasu.kumi@gmail.com

詳細はこちら

(2018年11月現在)                            (大道)

垂水おもちゃ箱のライン@登録、お願いします↓
友だち追加

この記事をシェアする

folder 写真館(歴代トップ写真)

春休み、読書はいかが?
イカナゴ、まだ販売中!?
春の嵐
more...