垂水おもちゃ箱

第4回塩屋マチアルキに参加しました。

calendar

1月27日(土) 、昨年11月雨のため延期された、今回で4回目の「塩屋マチアルキ」が行われた。

塩屋まちづくり推進会が主催、

塩屋に関するあれこれを、長年この地に住む語り部から話を聞きながら巡るイベント。

今回は塩屋2丁目周辺を散策、歴史や景観について、地元ならではの、レアな話題がいろいろ飛び出した。

JR塩屋駅JR南側に集合、一行は菅公橋を渡り、さらに東に向かう。

普段はほとんど、JRや山陽の車窓からしか見ることのない、山側の住宅地へ。

ここ塩屋2丁目は、「須磨境ヶ丘住宅別荘地」として売り出されたそうで、

昭和16年から21年まで、垂水は須磨区だったので、その頃か。

今でも豪邸が建つ、別荘地だ。

JRの踏切を渡って、塩屋2丁目の住宅地に

 

坂と階段が多く住んでいる方は大変だと思うが、景色は抜群。

塩屋港をはじめ対岸の淡路島、明石海峡とその大橋すべてが見渡せる大パノラマ。

個性的な個人のお宅を拝見しながら、昔のエピソードを次々教わり、

地元の強みで、その一つのお宅の庭から、絶景を拝見させていただいた。

個人のお宅の庭からの眺め

山頂には「梅鼻神社」と、

昔は海の際にあったそう。水害を逃れて山頂に。「鼻」は鼻そこから?

当時各家に水を供給するため、ポンプで上げた水を溜めていたタンク設置あとが。

山頂近くは雑木林や、竹林などがあり、ちょっと山歩きした気分に。

下りは、急な階段の連続。

 

最後に踏切を越えて、国道2号線へ。

垂水にはまだまだミステリアスなところが。

興味を持たれた方は、現地に案内地図があるので、それを頼りにどうぞ。

ただしひっそりとした住宅地なので十分配慮を。

(2018年1月)         (堀)
クリックお願いします

にほんブログ村

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

folder 垂水おもちゃ箱サポーターボックス

more...

folder もぐもぐBOX

more...

folder ぺちゃくちゃBOX

more...

folder わくわくBOX

more...

folder てくてくBOX

more...

folder イベントBOX

more...

folder どきどきBOX

more...

folder きょろきょろBOX

more...

folder 写真館(歴代トップ写真)

more...

folder その他

more...