垂水おもちゃ箱

2017年 イカナゴ事情③

time 2017/03/22

大阪湾に続いて、播磨灘も今日でイカナゴ漁は終了です。
このあたりのイカナゴ漁は、これで最後になります。
垂水の商店街でも少ない入荷を待って、多くの人が並んでいました。
一方、イオン垂水店ではひと段落すんだのか、12時前にはひっそりと残ったイカナゴが。
今年は最後まで高くて、キロ3800円(税込み)。
170322 イカナゴ01
炊いたものは200g2138円(税込み)。
1キロ分、6000円ほどということでしょうか。
170322 イカナゴ02
10年、20年昔は、ざっと換算して3倍の値がついていたように思うので、
魚屋さんも、炊いたものでも昔ほどは儲からないようですね。
漁が減って、しかも炊き終わっていない人が多いわけで、
値段が下がるはずありません。
漁師さんにとっても、魚屋さんにとっても、そして炊く人にとっても、
今年は大変厳しい年になりました。
遅く解禁、これまでの常識をはるかに超えて早々に終了。
これが来年、吉と出ることを願うばかりです。
       (2017年3月22日)       (堀)

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

写真館(歴代トップ写真)

新鮮なネタ募集中!!

LINE@友達登録してね!

友だち追加







2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の記事